スタジオファルコン studiofalcon ≪遂にリリース!!≫
【「っぽい」オリジナル曲作りの道】“PDF版フルバージョンン”
≫詳しい説明はココをクリック!!
++コードの仕組み++
スケールって何?
カポさえあれば
ここが「っぽい」かも
   ≫旧メルマガBN見出しのみ

   ≫新メルマガバックナンバー
   ≫こんなの使ってます
   ≫オススメリンク
   ≫メールはこちら
   
   
   ■特定商取引表示
   ■個人情報保護


■歌詞・コード探し(邦楽)
曲名・歌手名どちらでもOK
無料歌詞検索エンジン!
ココは↑コード一覧も付いてます
■BEATLESバンド御用達
10分おきにニュースが更新されます。しかも、英語が学べるメルマガ発行もされています。
e-Beatles.net
しかも、タブ譜も探せる。
■タブ譜探し(洋楽)
フレットさえ分かれば弾けるのにって時は、
GuitareTab.com
■タブ譜探し(洋楽)
ここも有名
GuitarTabUniverse.cc
■タブ譜探し(洋楽)
それでもなかったら、FindTabで。  コードジェネレーター付き。
olga.net
■歌詞探し(洋楽)
アルファベットでも探せる
RealLyrics.com
■歌詞探し(洋楽)
右上の窓に「アーティスト」or「曲名」でGO。
Song Lyrics.com
■ララビットホームページ
バンダイのキャラが大集合
                  ≫スタジオMENU    ≫メルマガ
HOME>コードの仕組み
 コードの仕組みだよ
 この内容は、メルマガと一部連動しています。購読はこちらから。
  ■「コード」
 単純に言うと、異なる種類の音を3つ以上同時に鳴らした時の音程の集まり。今では2つでも良いという解釈もアリ
どの音程をいくつ使ったかで、雰囲気・調性が変わります。それを利用して展開を作っていくわけです。
「コード」が、どのように作られているのかその仕組みと、ゼブンス(7th)ナインス(9th)といったテンションノートといわれるものの使い方、特殊なコードなどの使い方が、曲の雰囲気やイメージを作ります。
 ■内容一覧
  コードへ行く前に
コードの仕組み
メジャーとマイナー
  テンションノート
特殊なコード
コード進行
____________________________

 コードは「トライアド」という「3つの和音」です。
 ただ、なんでもかんでも「3種類の音」を重ねればいい訳ではありません。

 音は、【周波数】というもので、「ド」とか「レ」という音に分けられています。
 あまりに近い音同士は「聞き取り難い」ので、ある程度の距離をもって響かせることにしました。
 ためしに「ド」と「レ」を同時に弾いてみると分ります。濁った響きになってしまいます。

 どの程度の距離を離せば「聞き取りやすいか」というと、1音分の間隔を開ければ判別しやすくなります。
 そして「2音」ではなく、「3音」(もちろん全て1音分の間隔を持って)にした時、独特の響きを持つことが
 分りました。

 その組み合わせ方【「ドミソ」とか「レファラ」とか】によって、それぞれに名前を付けました。
 『C』・『D』・・・『G」・・・といったように。

 トライアドの組み合わせ方を変えると「明るい響き」や「暗い響き」のイメージを変えることが出来ます。

 いわゆる「メジャー・コード」とか「マイナー・コード」といわれるのがそれです。

 ■「コード」の概念が生まれてから、特にPOPSやROCKのジャンルでは一気に世界が広がりました。
 
 その響きの違うイメージのコードを組み合わせてつないでいって曲が出来でいます。

 ■コードは「3種類の音」だけではなく「4種類」「5種類」と数を重ねていって、より複雑な響きを演出
  することも可能です。
 _________________________________
 ■コードへ行く前に
≫まず、音程と度数について。・ピアノの鍵盤で確認。

≫ギターのフレットとピアノの鍵盤では。
■とにかくコードの種類を知っておきたい、思い出したいって方。→こちらで見れます。
 ▽ローコードは知ってるけどハイコードが、って方。こちらのサイトの左側に、or use the[chord generator],
   というのがありますので、そこをクリックする別ウィンドにフィンガーボードが出てきます。
   上から3番目「FRET」を指定すると、ハイコードでのポジションが分かります。
 ■コードの仕組み
≫周波数について
≫コードは、いつ成立するか。
■≫ダイアトニックコード。
 ■メジャーとマイナー
■響きのイメージ。
組み合わせた「トライアド」(3和音)の真ん中の音が、長調系か短調系かで「明るい」「暗い」が決定します。
■代理コード。コードにも裏と表がある。
明るい響きをもつ『C』というコードは「ド・ミ・ソ」という音でできています。ここに「ラ」を足したコードを『C6』とい
います。
暗い響きを持つ『Am」というコードは「ラ・ド・ミ」ですが、ここに「ソ」を足すと『Am7」になり、『C6』とは、重ねた
順番が違うだけで、同じ4種類の音で出来ていることが分かります。
これらを「代理関係」といって、場面ごとに使い分けて曲のイメージを広げることに役立ちます。
 ■テンションノート
■「テンションノート」。
「緊張音」ともいわれ、単純なトライアドの響きに「1音」か「2音」足すことで微妙なニュアンスの違いを
生み出すことができます。それらのおとを「テンションノート」と呼んでいます。
■テンションノートの使い方。
コード進行を作っていく途中で、あるコードのイメージは残したいけれど、違うコードにしてしまうほどではない
場合や、メロディーやフレーズ中での特定の音を特に印象付けたい時などに「テンションノート」で表現します。
 ■特殊なコード
■名前からいって訳が分からない。
「sus4」【サスペンデッド4】
「dim」【ディミニッシュ】
「aug」【オーグメント】など、通常のトライアドとは「音の重ね方」が違うコードにことで、テンションノートとは
区別されています。
■どこに使うといいかはとっても微妙。
これらの、特殊なコードは「長い間、鳴らし続けること」には使われません。
「ココを特に」聴かせたい時、または、単純なコード進行の途中に変化を持たせる時などに「効果音的」に
使われるのが普通です。ただ、「一発芸的」に使えるタイミングがあることも確かです。
 ■コード進行
■キーと使えるコードの関係。
『キー』(Key)とは、その曲の基本になる「音」や「コード」を指します。
ひとつの「Keyを決めると、ほぼ自動的に「使えるコードの種類」が決定されます。そのコードの種類を
「ダイアトニックコード」といい。それらのコードをつなぎ合わせることで曲が出来上がっています。
コードをつなぎ合わせることを「コード進行」といいます。

“PDF版 【「っぽい」オリジナル曲作りの道】”
『フル・バージョン』『コード・バージョン』なら、より詳しい説明が分ります。
   ≫詳しくは、コチラから

Copyright(C)2005. studiofalcon All right reserved.