コードとスケールを上手く使って
      「っぽい」オリジナルを作曲・アレンジ      
studioFALCON
〜 これは、日夜ネタ出しに悩むあなたに送る、ないしょのミュージシャン養成ギブスです。 〜
++コードの仕組み++
スケールって何?
カポさえあれば
ここが「っぽい」かも
   ≫メルマガバックナンバー
   ≫こんなの使ってます
   ≫オススメリンク
   ≫メールはこちら
   
   
 
HOMEコードの仕組み>ダイアトニックコード
【ダイアトニックコード】
 ひとつのKeyでできている1曲に使われる、そのKeyで使う 「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」を使って
 作られる各コードのことです。
 
   コードの構成音はトライアド(3和音)の場合でも、7thなどを加えた4和音でも同じですが

  Keyの調(長調or短調)によってその構成音の種類は変わります。
  
 ■ メジャーコードのダイアトニックコード 
 
  ここでは、『Key=C』でのダイアトニックをのせました。
 Keyがメジャーなら「メジャーコード」と「マイナーコード」の順番に変わりはありません。

  例えば、Key=Gの場合は、「G・Am・Bm・C・D・Em・F#m-5」という順番になります。
 
 ■マイナーコードのダイアトニックコード 
 マイナーコードの場合は、スケールが3種類あるためそれぞれのスケールに合わせたダイアトニックコード
 になっています。

 ≫マイナースケールの種類についてはこちら。