studioFALCON ≪遂にリリース!!≫
【「っぽい」オリジナル曲作りの道】“PDF版フルバージョン”

≫詳しい説明はココをクリック!!
コードの仕組み
++スケールって何?++
カポさえあれば
ここが「っぽい」かも
   ≫旧メルマガBN見出しのみ

   ≫新メルマガバックナンバー
   ≫こんなの使ってます
   ≫オススメリンク
   ≫メールはこちら
   
   
 
■歌詞・コード探し(邦楽)
曲名・歌手名どちらでもOK
無料歌詞検索エンジン!
ココは↑コード一覧も付いてます
■BEATLESバンド御用達
10分おきにニュースが更新されます。しかも、英語が学べるメルマガ発行もされています。
e-Beatles.net
しかも、タブ譜も探せる。
■タブ譜探し(洋楽)
フレットさえ分かれば弾けるのにって時は、

GuitareTab.com
■タブ譜探し(洋楽)
ここも有名

GuitarTabUniverse.cc
■タブ譜探し(洋楽)
それでもなかったら、FindTabで。  コードジェネレーター付き。

olga.net
■歌詞探し(洋楽)
アルファベットでも探せる

RealLyrics.com
■歌詞探し(洋楽)
右上の窓に「アーティスト」or「曲名」でGO。
Song Lyrics.com
■ララビットホームページ
バンダイのキャラが大集合
                    ≫スタジオMENU      ≫メルマガ
HOME>スケールって何?
 スケールって何?
 この内容は、メルマガと一部連動しています。購読はこちらから。
■「スケール」
 その時鳴っている「コード(和音)」に対して有効的に使えるド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ドの種類。
何種類知ってますか?えっ!種類があるのかって?
そうなんです。理屈は単純、使うには回数と経験。
 ■内容一覧
  普通のドレミ
メジャー&マイナースケール
教会旋法(チャーチモード)とその他
コードへの対応
_________________________
 ◎コードが変わると、同じメロディーが不自然に聞こえるのはなんで?
 ◎時々、それが不自然じゃない時もあるんだけど?
 ◎せっかく良いコード進行ができたのにキマッたフレーズが出てこない。
 ◎「〇〇〇(アーティスト名)節」ってあるけど、なんでそう聞こえるの?
 ◎逆にそのアーティスト「っぽい」モノマネは出来るのに、いざ作ろうと
  すると出来なくなっちゃうのはどうして?
 ◎えっ?ドリアンがペンタトニックぅ??んでブルーノートぉ。。。。。。
 ===============================================================
 「ドレミファソラシドぉ〜〜って、歌ってみてよ。」って言えば、
 だいたいの人は、ふつうに出来ると思います。

 □「じゃぁ、「レ」から初めて「レぇ〜〜」まで行って「レぇ〜〜」まで戻ってきて。」 って言うと???
    「ん、れ・レか、レぇ〜〜・・・んなこと出来るわけないだろっ!とか 「どっからやってもおんなじだよ!!」
    とおっしゃいます。
    
       ホントでしょうか???
     
 ■ ピアノの鍵盤は、非常に巧妙に設計されています。

  ド〜ド(高いほうのド)までには、それぞれ音の巾に大小があって、
 ミ・ファ間、シ・ド間は、他の間との音程幅の「半分」しかありません。
  
 ためしに、鍵盤のある方はそのまま、ギターをお持ちの方は一度、ドレミを一回練習して、
 「レ」から始めてみると、どうでしょう?
 ■ 何か、雰囲気。。。違いますよね。下がって来る時、特に感じます。

        
∵  スケールが変わったから。 ∵
        =================   なんです。

 ■ という事は、「ミ」から始めたり、「ソ」から始めたりしても、 違う雰囲気の「ドレミファソラシド」
   「っぽい」のが完成するはず。
 ■ これらの「スケール」の種類には、それぞれ名前が付いています。

 ☆ しかも、コードに見合った「スケール」が存在する。
 ☆ 浮かんだフレーズから「コード」を見つけることができる。
 
  としたら、ラッキーじゃないですか???
 
 そのスケーにも、よく使われるスケールや、あまり使われないスケールもあって、それらの特徴を
 上手く使って曲はできているんです。ヒット曲の裏には、そのような技法がたくさん散りばめてあります。
                           
 ■普通のドレミ
≫ピアノの鍵盤とギターの指盤。
≫音程間の約束。
≫ギターのフレットでのドレミ
 ■メジャー&マイナースケール
≫メジャースケール・最も聴きなれた音階。
≫3種類のマイナースケール
 ■教会旋法(チャーチスケール・チャーチモード)とその他
■これがホントに良く出来ている。
「ド」から始めたとき、「レ」から始めた、「ミ」「ファ」「ソ」・・・・と
音程ごとに作った「ドレミの階段」のこと、全てのコードに対応したスケールがあります。
■どんどん発展していくスケールという考え方。
「コード」という概念はどんどん発展していきます。それに伴ってチャーチモードだけでは対応しきれない
コード進行もでてきます。ということは、そのコード進行に対応した新しい「スケール」もどんどん出来てきます。
 ■コードへの対応
■テンションサウンド。
6th。7th。9th。といったテンションノートを曲中で、より引き出すためにもスケールという考え方が役に立ちます。
「メジャー」「マイナー」の響きだけでは表現しきれないイメージも、テンションを使えば演出することも可能なのです。
■アボイドノート。ただの邪魔者じゃぁない。
トライアドにもテンションノートにも含まれない音のこと。
でも、その音ですら使ってしまおう、ということで付けられた名前が「アボイド」。わざわざ名前を付けた、ということは
それを使う方法も考えられている。ということですよね。
“PDF版 【「っぽい」オリジナル曲作りの道】”
『フル・バージョン』『スケール・バージョン』なら、より詳しい説明が分ります。
   ≫詳しくは、コチラから

Copyright(C)2005.studiofalcon All right reserved.