コードとスケールを上手く使って
      「っぽい」オリジナルを作曲・アレンジ      
studioFALCON
〜 これは、日夜ネタ出しに悩むあなたに送る、ないしょのミュージシャン養成ギブスです。 〜
++コードの仕組み++
スケールって何?
カポさえあれば
ここが「っぽい」かも
   ≫メルマガバックナンバー
   ≫こんなの使ってます
   ≫オススメリンク
   ≫メールはこちら
   
   
 
HOMEスケールって何?>メジャー&マイナースケール
【メジャースケール】
 
   僕たちが普通に思う「ドレミファソラシド」は、「ハ長調」を指します。
 5線譜をイメージして、最初の一番左に♯や♭の記号が無いやつです。

 ピアノですと、黒い鍵盤を使わない「ド」から「ド」までのことです。
 ================================

 この『ド』からオクターブ上の『ド』までに至るそれぞれの音程間に 一定の約束があります。

 ▼「ド」から「レ」の間には『半音』が1つ入る。
 ▼「レ」から「ミ」の間にも『半音』が1つ入る。
 ▼「ミ」から「ファ」の間は『半音は入らない』でダイレクトに進む。
              ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 ▼「ファ」から「ソ」の間には『半音』が1つ入る。
 ▼「ソ」から「ラ」の間にも『半音』が1つ入る。
 ▼「ラ」から「シ」の間にも『半音』が1つ入る。
 ▼「シ」から「ド」の間には『半音は入らない』でダイレクトに進む。
              ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
==================================
 詳しい理論はこっちへ置いといて、大まかに言うと この、「ド〜レ」「レ〜ミ」「ファ〜ソ」・・など間に半音を1つ
 仲介して上がってくのを 『全音進行』と呼んでまして、
   (半音♯・♭じゃなくて完全に1度上がるよ!ってことでしょうか)
 「ミ〜ファ」「シ〜ド」の仲介役をもたずに直接次へいってしまうのを 『半音進行』と呼んでいます。
    (それ自体が半音なんだけど「1度」ってこと!ってわけですね)
 **********************

  この、ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド の
      V V V V V V V
      全 全 半 全 全 全 半
 **********************
 の関係で上がっていく音の並び方を『長調の』ドレミファソラシドとして(*:いわゆる「メジャー」)  
 普段僕たちは認識している訳です。

  ≫ピアノの鍵盤をイメージしてみて下さい。