コードとスケールを上手く使って
      「っぽい」オリジナルを作曲・アレンジ      
studioFALCON
〜 これは、日夜ネタ出しに悩むあなたに送る、ないしょのミュージシャン養成ギブスです。 〜
++コードの仕組み++
スケールって何?
カポさえあれば
ここが「っぽい」かも
   ≫メルマガバックナンバー
   ≫こんなの使ってます
   ≫オススメリンク
   ≫メールはこちら
   
   
 
HOMEスケールって何?>メジャー&マイナースケール
【マイナースケール】
   長調(メジャー)の音程の並び方は、

  ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド 
   V V V  V V V V
   全 全 半 全 全 全 半   でしたが。

 短調での「代表的」な音の並びは、

     全・ 半・ 全・ 全・ 半・ 全・ 全
 ******************
 となります。
 これを【自然的短音階】ナチュラル・マイナー・スケールといいます。
 
 「代表的な」と書いたのは、「最初に出来る」という意味に近いだけで、 コレだけでは曲を作っていく
 上では不十分なことがどんどん分かってきた からなんです。確かにマイナー(暗い)感じは出るん
 だけど、どうも旋律 としてしっくりこない。不安定なメロディーになってしまいます。

  不安定。ってどういうこと??
 ◎メロディーの収まりが悪い。
 ◎もとに戻って来難い。
 ◎もと、ってことは【ド】?
 ◎じゃ、「ド」へ帰るための音(リーディングノート)というと【シ】か?
 ◎順番に「ド」から弾いてみよう。 うわぁ!なんじゃこの【シ】→【ド】は!!!ぁ・・・
  ってことになったんです。。。。。
 _______________________________________

 長調の音楽を聴きなれていると、経験上【半音】で「ド」へ上がる方が自然に聞こえます。
 でも、ナチュラル・マイナーのままだと【全音】で進行します。
 ルート(ドの音)に落ち着く手前は、やや【不安定な響き】の方が【安定を求める】ので「半音」で戻った
 ほうが収まりが良く聞こえるわけです。

 じゃ、そうしましょ。
 ってことで,、最後の全音進行を半音にしてみたところ【安定感】が戻りました。

 ■この修正されたスケールを【ハーモニック・マイナー・スケール】

 と呼ぶことにしました。和声的短音階ともいいます。
 ただし、ちょっと問題が発生しました。 何でしょう?

 最後の全音進行をを強引に半音上げてしまったので、その前の「6度目」 との間に、
 【音程上の全音に持って行かれて残された半音】が余っちゃいました。

    全 ・半・ 全・ 全・ 半・( 全+半)・ 半
 ****************** 
 ______________________________________________________________________________________________________________________
 
 何となく落ち着きの無かった「ナチュラル・マイナー・スケール」の7度の音を「半音進行」にすることで
 「ハーモニック・マイナー・スケール」 にして解決したか、と思いきや今度はその下の「6度目」の音に
 「半音」が残ったままになってしまいました。

 考えやすいようにKey=Amで考えてみます。
  Amは「ラ」から白鍵だけでつくったマイナースケールです。
    『 ラ・シ・ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ 」という音の並びになります。

 音階は、ナチュラル・マイナー=「ラ・シ・ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ」
      ハーモニック・マイナー=「ラ・シ・ド・レ・ミ・ファ・ソ#・ラ」です。

 【ソ#〜ラ】はうまく落ち着いたのに・・・ 【ファ〜ソ#】が1音半も空いちゃいました・・・・

 しょうがないなぁ・・・、ってっことで

 『ファ』の音は【半音あげて、ファ#】にしてやろう、ということにしました。
 これで、ファ#とソ#の間は全音になりました。
 
  おぃおぃ・・また次の音が開いちゃうじゃんか!!!って?
 
 ご心配なく、次の【ミとファの間は、最初から半音です。】
 だから、『ファ』を【ファ#】としても、ミとファの間は全音分になるだけ。

   ラ・シ・ド・レ・ミ・ファ#・ソ#・ラ 
    V V V V V  V  V
    全 半 全 全 全  全  半
 ****************** 

 ■この修正されたスケールを【メロディック・マイナー・スケール】

 と呼ぶことにしました。旋律的短音階ともいいます。 これで、『ファの問題』は解決されました。
 進行はもっとスムーズになりそうです。

 ■結果、メジャースケールの3度目の音を半音下げただけ。

 になっちゃいました。この一連の作業(というか解決策)は、あくまでも最初のナチュラル・マイナー・スケー ルでは「しっくりこない」部分をどのように「聴きやすく」したらいいのか?
 という欲求からあみ出された、言ってみれば【 裏技 】です。
 最初の基本メロディーは、まずナチュラル・マイナーで作ります。

 で、「ん???」って時に応用編として、ハーモニックやメロディックにその都度変換していっても良い
 んじゃないの。という感じです。

 また、メロディック・マイナーは限りなくメジャー・スケールに近づき過ぎなので、【 とある約束 】
 を作りました。

 それは、

 ■メロディック・マイナーは『上行(じょうこう)』にのみ適用する、ということ。

  どういうことか?というと。

 *メロディーが下から上に上がって行く時に使って、逆に上から下へ下がってくる時はナチュラル・マイナ  ーに戻そう。ということです。あまりにもメジャー・スケールに近づきすぎたために短調的なフレーズ表現
 が希薄になってしまうからでしょう。
  これは、感覚的にはちょっと分かりにくいので練習を要します。
 あくまでも、ナチュラル・マイナーでメロディーを作って行く時の応用で、と考えればいいかと思います。