コードとスケールを上手く使って
      「っぽい」オリジナルを作曲・アレンジ      
studioFALCON
〜 これは、日夜ネタ出しに悩むあなたに送る、ないしょのミュージシャン養成ギブスです。 〜
コードの仕組み
スケールって何?
++カポさえあれば++
ここが「っぽい」かも
   ≫メルマガバックナンバー
   ≫こんなの使ってます
   ≫オススメリンク
   ≫メールはこちら
   
   
HOMEカポさえあれば>コードの形をおぼえる
コードの形をおぼえる 【7種の形と3つのパターン】
 コードには、「ローコード」と呼ばれる形と「ハイコード」と呼ばれる形があります。

 「ロー」とは、低いという意味ですので、ギターのネック「首」の遠いところ、つまり
  低音系の和音を鳴らすわけです。ペグ(弦巻き)に近い方です。

 「ハイ」は、高音になりますので、ギターのボディーに近いところで弾きます。
 「オープンコード」「セーハーコード」とか「パワーコード」なんてのもありますが、

 ここでは、初歩的なコードの形をおぼえます。


  ☆メジャー系・7種、マイナー系・7種、セブンス系・7×2種があります。
   
セブンス系の「×2」は、ポイントがメジャーもマイナーも同じためです。
 
 ■ コードを弾くときのポイント
    各弦を押さえる指が、それ以外の弦を触らないように注意する。
    指先は、フレットに対して垂直になるように押さえる。
    押さえた指は、フレットの上に乗らない。(フレットの間を押さえる)
 
  メジャー系トライアド(明るい和音)

  「C」:構成音=ド・ミ・ソ     ≫フォームはこちら。

  「G」:構成音=ソ・シ・レ    ≫フォームはこちら。

  「F」:構成音=ファ・ラ・ド    ≫フォームはこちら。

  「D」:構成音=レ・ファ・ラ  ≫フォームはこちら。

  「A」:構成音=ラ・ド・ミ   ≫フォームはこちら。

  「E」:構成音=ミ・ソ・シ   ≫フォームはこちら。

  「B」:構成音=シ・レ・ファ♯ ≫フォームはこちら。
  
マイナー系トライアド(暗い和音)

 「Am」:構成音=ラ・ド・ミ   フォームはこちら。

 「Em]:構成音=ミ・ソ・シ   フォームはこちら。

 「Dm」:構成音=レ・ファ・ラ  フォームはこちら。

 「Bm」:構成音=シ・レ・ファ ≫フォームはこちら。


 「Cm」:構成音=ド・ミ・ソ   ≫フォームはこちら。

 「Fm」:構成音=ファ・ラ・ド  ≫フォームはこちら。

 「Gm」:構成音=ソ・シ・レ   
フォームはこちら。

 ■ セブンス(7th)コードを覚える
    セブンスというのは、トライアド(3和音)に7度目の音を加えたコードです。
    構成音は4つの音で成り立っています。ここでは、ドミナントセブンスを
    覚えます。上のトライアドに加える音は同じ場所になりますが、コードに
    よっては、指を離す場合と余分に押さえる場合があります。
    ただしメジャーもマイナーもその7thの場所は同じであることがわかります。
 
  メジャー系7th(ドミナントセブンス・短7度)

  「C7」:構成音=ド・ミ・ソ・シ♭     ≫フォームはこちら。

  「G7」:構成音=ソ・シ・レ・ファ    ≫フォームはこちら。

  「F7」:構成音=ファ・ラ・ド・ミ♭    ≫フォームはこちら。

  「D7」:構成音=レ・ファ・ラ・ド   ≫フォームはこちら。

  「A7」:構成音=ラ・ド・ミ・ソ    ≫フォームはこちら。

  「E7」:構成音=ミ・ソ・シ・レ   ≫フォームはこちら。

  「B7」:構成音=シ・レ・ファ・ラ ≫フォームはこちら。
  
マイナー系7th(ドミナントセブンス・短7度)

 「Am7」:構成音=ラ・ド・ミ・ソ   フォームはこちら。

 「Em7]:構成音=ミ・ソ・シ・レ   フォームはこちら。

 「Dm7」:構成音=レ・ファ・ラ・ド  フォームはこちら。

 「Bm7」:構成音=シ・レ・ファ・ラ ≫フォームはこちら。


 「Cm7」:構成音=ド・ミ・ソ・シ♭   ≫フォームはこちら。

 「Fm7」:構成音=ファ・ラ・ド・ミ♭  ≫フォームはこちら。

 「Gm7」:構成音=ソ・シ・レ・ファ   
フォームはこちら。

Copyright(C)2005. studiofalcon All right reserved.