スタジオファルコン studiofalcon ≪遂にリリース!!≫
【「っぽい」オリジナル曲作りの道】“PDF版フルバージョンン”
≫詳しい説明はココをクリック!!
コードの仕組み
スケールって何?
++カポさえあれば++
ここが「っぽい」かも
   ≫旧メルマガBN見出しのみ

   ≫新メルマガバックナンバー
   ≫こんなの使ってます
   ≫オススメリンク
   ≫メールはこちら
   
   
 
■歌詞・コード探し(邦楽)
曲名・歌手名どちらでもOK
無料歌詞検索エンジン!
ココは↑コード一覧も付いてます
■BEATLESバンド御用達
10分おきにニュースが更新されます。しかも、英語が学べるメルマガ発行もされています。
e-Beatles.net
しかも、タブ譜も探せる。
■タブ譜探し(洋楽)
フレットさえ分かれば弾けるのにって時は、
GuitareTab.com
■タブ譜探し(洋楽)
ここも有名
GuitarTabUniverse.cc
■タブ譜探し(洋楽)
それでもなかったら、FindTabで。  コードジェネレーター付き。
olga.net
■歌詞探し(洋楽)
アルファベットでも探せる
RealLyrics.com
■歌詞探し(洋楽)
右上の窓に「アーティスト」or「曲名」でGO。
Song Lyrics.com
■ララビットホームページ
バンダイのキャラが大集合
  HOME>カポさえあれば         ≫スタジオMENU        ≫メルマガ
 カポさえあれば
 この内容は、メルマガ一部と連動しています。購読はこちらから。
「カポ」
 便利な道具。(正式名称は、カポタスト)
始めたばかりの人が、ギターを嫌いにならないように考案された魔法の指。フレット(指で弦を押えるところ・指盤)と音程(キー)の関係が分かります。
 初心者御用達。
歌本片手に弾き語り、でもキーが合わなくて困ったことってありませんか?カポをただ上げていくだけだと曲の雰囲気が変わっっちゃう、かといって押えにくいコードだと気になって演奏どころじゃないし・・・
E♭→Cでも、Gでも、Aでも一発変換のお手伝い。
 ■内容一覧
  コードの形をおぼえる
セーハーコード
そこでカポの登場!
  一発変換
フレットと音程・キーの関係

 ◎友達の結婚式でギターの伴奏やってよって頼まれて、毎晩練習して
  行ったのに。。。当日、「キーが高いから下げてっ。」って言われた。
 ◎気に入った曲を見つけて、ギターでも弾こうかと思って歌本を買った、
  開いたページに出てきたのは、C#m7→G#m→E♭。固まった。。。
 ◎キー(Key)は「A」だから、#が3個ね、って言われても。。。。。
 ◎ふたりでギターを弾いてても、同じことやってるだけでつまんない。

 ■ カラオケに行くと、自分の音程に合わない時、どうしてますか?
      「キートランスポーズ(キーコン)」を使う。

 ☆ ギターにもあるんです。そんな夢のような道具。
     それが、「カポ(カポタスト)」です。
 
 ☆ 何種類ものコードを覚えなくても、カポさえあれば、
   7×2=14個+オマケのコードを知っているだけで大丈夫。
 ##################################

 ■ ギターのコードを弾き始めると、最初の難関「F」がやってきます。
                  ========
   あのいまいましい型、手首を膠着させ・小指は引きつり・表情は強張り
   他の弦は触っちゃうわ・音はポコポコしてるし・・・まず、鳴らない。
      ほとんどの方は、ここで挫折してます。
   でも、ここだけは最初にキッパリ言っておきたいんです。
       ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
   「F」の『型』は必要不可欠なんです。どうしても要ります。
   ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
  !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
  !◎ 第一関節の先を指盤(押さえる所)に垂直に立てる。 !
  !◎ 誰かがあなたの正面にいるとして、手の甲を見せる。!
  !◎ その状態で、手首をダイヤルを回すように絞る。   !
  !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 ■ ここに注意して何回も練習してください、そのうち必ず鳴ります。
    この「型」は、試練です。覚えてください。m(_ _)m
       必ずこの「型」は役に立ちます。
――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 ■セーハーコード
■ROCKの代名詞。
人差し指を、特定のフレットに1弦から6弦まで全て押さえてしまう事。
RockBandのギターは、ほとんどこのコードで弾いています。
■パワーコードとも言うそうな。
コードの響きを「メジャー」か「マイナー」か、を判断するのは『3度目』の音。
でも、逆にそれを弾かなければ、メジャーの場合でもマイナーの場合でも大丈夫。ってことですよね。
ギターの場合、6弦〜1弦に向かって「1度・5度・1度」という順番で鳴るように設計されています。
ということは、「6弦と5弦だけ」コードによっては「5弦と4弦だけ」弾けば。メジャー・マイナーに関係なく
そのコードに乗っていくことができます。そんな弾き方が「パワーコード」
 ■一発変換
■その前に、【キー(Key)】について。
ひとつの極を弾くときの、基準になる「音」もしくは「コード」のこと。
例えば、『ハ長調』などと呼ばれるもののこと。
ギターやキーボード「。ベースでいえば、『ハ長調」のことを【Key=C】といいます。それぞれの高さによって
アルファベットでKeyを指定します。
■これで安心。どこでもOK!
Key=A♭。 とかかれてしまうと、「D♭」とか「Gm」というコードを使うことになって、いちいちコードが面倒になります
これを、簡単に「C」や「G」「Am」といった弾きなれた型で弾けるようにするのが【カポ】
正式名称は【カポタスト】といいます。
 ■フレットと音程・キーの関係
■ピアノの鍵盤とギターの指盤。
■カポからの脱出
“PDF版 【「っぽい」オリジナル曲作りの道】”
『フル・バージョン』『カポ・バージョン』なら、より詳しい説明が分ります。
   ≫詳しくは、コチラから

Copyright(C)2005.studiofalcon All right reserved.