スタジオファルコン studiofalcon
↓↓旧メルマガ関連ページ↓
コードの仕組み
スケールって何?
カポさえあれば
++ここが「っぽい」かも++
   ≫旧メルマガBN見出しのみ

   ≫新メルマガバックナンバー
   ≫こんなの使ってます
   ≫オススメリンク
   ≫メールはこちら
   
   
 
■歌詞・コード探し(邦楽)
曲名・歌手名どちらでもOK
無料歌詞検索エンジン!
ココは↑コード一覧も付いてます
■BEATLESバンド御用達
10分おきにニュースが更新されます。しかも、英語が学べるメルマガ発行もされています。
e-Beatles.net
しかも、タブ譜も探せる。
■タブ譜探し(洋楽)
フレットさえ分かれば弾けるのにって時は、
GuitareTab.com
■タブ譜探し(洋楽)
ここも有名
GuitarTabUniverse.cc
■タブ譜探し(洋楽)
それでもなかったら、FindTabで。  コードジェネレーター付き。
olga.net
■歌詞探し(洋楽)
アルファベットでも探せる
RealLyrics.com
■歌詞探し(洋楽)
右上の窓に「アーティスト」or「曲名」でGO。
Song Lyrics.com
■ララビットホームページ
バンダイのキャラが大集合
HOME>ここが「っぽい」かも             ≫スタジオMENU    ≫メルマガ
 ここが「っぽい」かも    
 内容は、メルマガと一部連動しています。購読はこちらから。
「進め!ウルトレンジャー。」
 アレンジのコツは、浮かんだイメージの「っぽい」ところのネタ素がどこから来たのか?をつかむこと。
それを上手く使い分けられたなら、新たなアレンジの世界がいつでもそこに待っています。

 ◎聴いてると途中で、「んぇえっ???」っていう曲があるんだけど、あれ、ってどうなってるの?
 ◎サビが盛り上がんなくってどうしようもない。
 ◎ここ一発をキメたいのに、「ほぉっ!!」ってのが出てこない。
 ◎エンディングだけでもなんとかならないか。。。
 ◎「っぽい」のでいいんだよなぁ・・・「っぽく」で。。。。
 ◎自分に限界を感じている。。。。 
 
################################
  ☆ アレンジの基本は、普通のコード循環から生まれます。
    決して派手なギミックや、巧妙なトリックは必要ありません。
  ☆ 今あるものを見つめ直すことで、ウルトラアレンジが生まれる。

################################

 ▲ どんなプロでもいきなり、すんゴぃ曲を作れることは稀です。
    ( 時々、天才と呼ばれる人も出ますが。)
   地道な努力の上に、様々な色を織りなす技術を習得しているのです。
 ▲ また、「偶然」に転調が決まる時があります。
   でも、ナゼそれを「オっ、良いじゃ〜ん今の。」って思ったのか?
   自分にも答えられないのって悔しいですよね。ちょっとしたコツ、
   というか法則「っぽい」のがあるんです。

 □■□■□■□■□■□■□■□□■□■□■□■□■□■□■□

   この「アレンジ」という感覚をおぼえながら、
      ========================
      『 日常生活の中でも今あるものを見つめなおして、
        そこにもう一つ何か新しいアレンジを加える。』
      ========================
      ★今まで考えていたより、もっと凄い何かに気付くと、
       アレンジ×アレンジ=ウルトラアレンジがあみ出せます。
      ==========================
    < そんな、『ウルトレンジャー』をみんなが待っている!!>
             ^^^^^^^^^^

 □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 ■アレンジの始まりは、単純なことから
■コード循環。
一つのKeyには、その曲で使えるコード群があります。それを使えば、今度は「どんなコードに行こうか?」
という悩みは解決します。そのコード群は「ダイアトニックコード」といいます。このダイアトニックコードを使って曲を作っていけば、まずイメージが外れていくことはありません。たとえば「C」→「Am」→「F」→「G7」など
でも、そこから脱却するのが「オリジナル」への道なのです。
■コードとスケールの考え方。
スケールというのは、普段は「1通りしか無い。」と思っている「ドレミノ階段」
それらは、「使えるコード」「使えないコード」に対応しています。
使えない。というのはオカシナ感じですが、その意味を知ると、一気に世界が広がります。
■一発芸。
曲を仕上げる上で、アレンジも大切なファクター。
その中でも一発芸的な「おっ!!?」というギミックがあるのとないのでは、その曲のイメージや雰囲気が
がらっと変わります。「フック」と呼ばれるのもその一部。
“PDF版 【「っぽい」オリジナル曲作りの道】”
『フル・バージョン』『「っぽい」・バージョン』なら、より詳しい説明が分ります。
   ≫詳しくは、コチラから

Copyright(C)2005.studiofalcon All right reserved.