studioFALCON
≫スタジオMENU      ≫メルマガ
↓↓旧メルマガ関連ページ↓
コードの仕組み
スケールって何?
カポさえあれば
ここが「っぽい」かも
   ≫旧メルマガBN見出しのみ

   ≫新メルマガバックナンバー
   +≫こんなの使ってます+
   ≫オススメリンク
   ≫メールはこちら
   
   
 
■歌詞・コード探し(邦楽)
曲名・歌手名どちらでもOK
無料歌詞検索エンジン!
ココは↑コード一覧も付いてます
■BEATLESバンド御用達
10分おきにニュースが更新されます。しかも、英語が学べるメルマガ発行もされています。
e-Beatles.net
しかも、タブ譜も探せる。
■タブ譜探し(洋楽)
フレットさえ分かれば弾けるのにって時は、
GuitareTab.com
■タブ譜探し(洋楽)
ここも有名
GuitarTabUniverse.cc
■タブ譜探し(洋楽)
それでもなかったら、FindTabで。  コードジェネレーター付き。
olga.net
■歌詞探し(洋楽)
アルファベットでも探せる
RealLyrics.com
■歌詞探し(洋楽)
右上の窓に「アーティスト」or「曲名」でGO。
Song Lyrics.com
■ララビットホームページ
バンダイのキャラが大集合
  
  HOME
>こんなの使ってます
こんなの使ってます
 ■スタジオに住み着く住人達。(バンドメンバー所有機材も多し)
   コードやスケールの説明をする時にもこいつらが頑張ります。
   名前をクリックすると別ウィンドで画像が見れます。×で戻ってきて下さい。
     今後、増えていくのか減っていくのか・・・・・・
 ≫ギブソン・チェットアトキンスモデル・ソリッドエレクトリックアコースティック
現在のメインギター、アコースティックなのにエレキと同じソリッドボディーのニクイやつ。
ピエゾピックアップは感度抜群!!ジャズコーラスとの相性もバッチリ!
 ≫トーカイ・テレキャスター
一番木が良い頃のトーカイのテリー、ローズネックが弾きやすくボディーの乾燥も十分。
本家よりも音が良いんじゃないかとの噂。単身赴任時に付いて行ったかわいいヤツ。
 ≫ギブソン・エクスプローラー58
2001年・クラプトンモデル。本数限定モノ。ウチのリードギター所有、これをベースマンに突っ込んで掻き鳴らす。ぶ厚い・歪む・サスティーン、技量以上の何かが降りて来る。
 ≫ギブソン・レスポールJr.サンバースト
サイドギター所有、自分より先輩。枯れた感じがたまらない逸品。並ぶとこんな感じ
シングルコイルとハムバッカーの良いとこ取り。買ったのは誰かさんには内緒。
 ≫モーリス・12弦ギターB-40
弦の張替えとチューニングだけで嫌になっちゃうのに、弾けばそんなことは全て忘れる。
独特のコーラス感はエフェクターでは出ない。ネック幅はめちゃ広い。単身赴任コンビ。
 ≫ヤマハ・ガットギターG-50
30年は経っていると思われるガット(クラッシク)ギター。夜中に弾けば雰囲気が出る。
指が痛い時や、ちょっと気分を変えたいときに最適。指盤の広さは練習用??
 ≫ミニアコースティックギター・Legend(右側の小さいやつ)
子供用にシャレで買った小さいギター。結局、自分で弾いている。
どこかへ持ち出すのに便利、一瞬メチャメチャ上手くなった錯覚に陥る。ハイポジション×。
 ≫オリジナルエレキギター(通称:テレストポール)
全くの趣味で作ってもらったエレキ。テレキャスの形にストラト風3ピックアップ、ボディー材はメイプルトップ・マホガニーバックのレスポール仕様。ヘッドもギブソン風。5点スイッチ。
 ≫ナビゲーター・レスポールゴールドトップ
こちらも年代モンのナビゲーター。めっちゃ重い。音は分厚く暖か味もあり最高なのに。
所有者のバンドメンバー当人も最近はめったに手にしない。
    
 ≫ジャズベース・無名
現在、娘の練習用になっているジャズベース。ピックアップはディマジオっぽいんだけど
定かではない。ジャズベのくせに低音が異常に良く出る。ヘッドはテリー、ブリッジはバダス。
 ≫ミニジャズベース・Barclay(右側のちいさいやつ)
これも子供用に買ったのに、結局ジャズベースを弾くようになったので自分で遊んでいる。
非常に弾き易い。ネックの細さが際立つがあまり弾いていると普通のに戻れなくなる。
 ≫プレシジョンベース・無名
いつの頃からか住み着いているプレベ。重い、とにかく重い。音も重い。
その内、原型が判らなくなるまで改造されそう。これもブリッジはバダス。
 ≫ヤマハ・ヘッドレスベースBX-1
一時は、ほとんどのベーシストが憧れたヘッドレスベース。チューニングの面倒くささでボツ。
現在は修理中。シールドジャック不良とコンデンサが無くなった。
 ≫ウクレレ
練習用と本番用??チューニングをいつも忘れる。ちなみに、1弦からA(ラ)・E(ミ)・C(ド)・G(ソ)。解釈は、Cの6 or Amの7、まぁ・・・気分で。
 ■ヤマハ・ドラム・ステージカスタム
練習用にはこれで十分。シンバル類はジルジャン他。10インチのメロタムが便利。
バスタムにゼンハイザーMD−421、スネアにはSM−58が狙う。
 ■パール・ドラム・WildWing
半年ほど前までのメインドラム、今は休憩中。スタジオの隅で山積みセットにされてます。
 ≫練習用スネア・いろいろ
いざという時のための出待ち。スナッピーを外してメロタム風に、裏ヘッドも取ってティンバレス風にと使い方色々。時にはチープは音が欲しくなる時もある。
 ≫フェンダーローズ・ハモンドオルガンの最強セット
Fender/Rhodes・MARKU73とHAMOND・XB−2最強コンビ。何も言うことはありません。
奏者限定、誰でも使えるわけじゃない。もちろんアンプはこれ↓。
 ≫ローズ・キーボードアンプAR−150
ローズを鳴らすためにある!と言って良いアンプ。マッチングは最高。うねります。
ハモンドとも周波数帯の切り方がバッチリ。
 ≫ヤマハ・シンセサイザーV−50とウィンドシンセWX−11のコンビ
サブキーボードでメンバーが置いて行ったやつをウィンドシンセの音源で使用。
音のバリエーションの多さと質ではいまだに使ってるミュージシャン多し。
 ■ヤマハ・アップライトピアノ
そろそろ40年になる最古参。とてもスタジオには入りきらなくて普段はリビングっぽいところ
で皆にいじられてるヤツ。良いアングルがなくて写真無し。
 ≫ギターアンプ・ローランドJC−120とヤマハF100−212のコンビ
通常の練習用。ジャズコーラス(JC−120)は、チェットアトキンスと相性抜群。
国産アンプは、少々の電圧低下でもしっかり頑張ってくれるので野外でも便利。
 ≫ギターアンプ・ミュージックマン112RD
エリッククラプトンに憧れて手に入れた逸品。アルバム・オーシャンブルーバードの裏ジャケ
で彼の横にいるヤツの同系統。さすがに真空管アンプは鳴りが違う。
 ≫ギターアンプ・フェンダーベースマン×2台
本来はベースアンプ。ただ、ウチのメンバーのギタリストは2人ともこれを使用中。
真空管交換済・バイアス調整全て完璧。1台は以前、発泡酒の洗礼を浴びた経験あり。
 ≫ベースアンプ・Hartke HA−1400
ガタイは小さいけどパワーは十分の140W。コンプレッサー・エンハンサも内臓で、まさに
プロ仕様。しかも僕らの練習の時は、もう一台↓と連動で鳴らす。壁が揺れる。
 ≫ベースアンプ・Hartke B−90
これは上記、Hartkeの90wタイプ。これだけでも十分だとは思うんだけど。。。。。。
低音専用のウーファーみたいな使い方をされている。
 ≫デジタルパーカッション・ローランドSDP−20とミキサー
便利な世の中になったものです。8個のパッドを叩くだけで無限のデジタルパーカッション
サウンドが生まれます。タッチセンスで臨場感も。ミキサーはチャンネル全部埋まってます。
 ≫バスドラム用マイク・ゼンハイザーMD−421
クジラの愛称で親しまれている、打楽器用マイクの定番。音は太いし、丈夫で長持ち。
 ■PAシステム
ヤマハを基本にした、ミキサー・パワーアンプ・スピーカー類がちらほらと。マイクはバスドラ
以外シュアーSM58、スピーカーはメイン・モニター各2対向。マルチエフェクト付ミキサー
 ≫前スタジオミキサー
ローランドの8chミキサー、パワーアンプ内臓で持込みLIVEやイベントで重宝する。
現在は、ヤマハのシステムになったので、しばし休憩。
 ■エフェクター・ローランドSDE1500&SRV1000
最近はめったに使いません。ミキサーがエフェクト内臓なので・・・・・・
リバーブ(SRV)は、いろいろなプロの現場でも現役でがんばってるようですが。
 ■マルチトラックレコーダー&ミキサー・AKAI MG1212
開業当初に録音用で使っていたマルチトラックレコーダー。
今は現役引退。そろそろオークション行きか?好きモノにはたまらないレアな一品。
 ■スタジオミキサー・サウンドクラフト
現在は、出張中のスタジオミキサー。EQやパンポットの効きは見た目以上。
コンデンサーマイク・PL77といっしょにお出掛けしてます。元気してるか〜
 ■
■■■
 ■
■■■
 ■
■■■
Copyright(C)2005.studiofalcon All right reserved.